NEWS

2017.10.23「さがラボチャレンジカップ2017」の表彰式を開催しました!!

 

 

2017.9.28二次審査を行いました。

 

 

2017.9.13一次審査の通過者が決定しました!!

 

実施項目

佐賀県及び佐賀県ベンチャー交流ネットワークでは、起業家や中小企業者が佐賀県内で行うビジネスプランを公募し、このうち将来性のあるプランに対して県や関係機関、地元経営者等が経営指導や販路開拓などの「機会(チャンス)」を提供するビジネスプランコンテストを実施します。こうした意欲のある優れた人材、企業を自治体や企業等が地域ぐるみで掘り起こし、育む仕組みを設けることにより、地域経済の活性化や魅力ある就業の場の創出につなげていきます。

 

募集対象者

以下のいずれかの項目を満たす方を対象とします。
1.佐賀県内で起業を予定又は考えている方
2.佐賀県内の中小企業者、又は佐賀県内への支店・事業所等の展開を検討中の中小企業者
3.佐賀県ベンチャー交流ネットワークの会員
注)「中小企業者」とは、「中小企業の新たな事業活動の促進に関する法律(平成11年3月31日)」第2条第1項に規定する者。

 

対象となるビジネスプラン

以下の項目をいずれも満たすプランを対象とします。
1.佐賀県内で取り組む事業であること
2.以下(ア)又は(イ)のいずれかを満たすビジネスプランを対象とします。

(ア) アイディア又は試作・開発段階の事業であること、若しくはビジネスとして未だ確立されていない事業であること。

(イ) 製品、サービス又はビジネスモデルのいずれかにおいて、今後新たに取り組まれるもので、成長が期待される事業であること。

 

 

特典内容

プロモーション動画の制作・提供

・プレゼン動画を加工、PR用に無償提供

インキュベート等の優先・優遇利用

・支援センターの研究開発室又はコワーキングへの一定期間、優先入居など

マッチング施策による支援

・各種展示会等の優先案内
・トライアル首都圏商談会出展者選考時の優遇

起業支援者によるサポート

ベンチャー交流ネットワーク会員によるサポート

ふるさと納税などを用いた支援

 

募集期間

※募集受付は終了致しました。

平成29年5月10日(水)〜7月31日(月)

 

一次審査/書類審査 〔平成29年8月中旬〜8月下旬頃〕

提出書類をもとに、新規性・独創性等について評価し、一次審査通過者を選考(5〜10件程度)します。審査結果については9月中旬を目途に県及びベンチャー交流ネットワークのホームページに掲載するとともに、応募者全員に通知します。

 

二次審査/書類審査 〔平成29年9月下旬頃〕

一次審査通過者によるプレゼンテーション形式で、新規性・独創性の他、応募者の熱意・積極性などを総合的に評価し、最優秀賞を1社、優秀賞を2社程度又は奨励賞を選考します。審査結果についてはその場で発表するとともに、県及びベンチャー交流ネットワークのホームページにも掲載します。

 

応募方法

以下の書類を、上記期間内に持参又は郵送してください。

●応募用紙(別紙)
●プランの概要や補足資料をまとめたプレゼンテーションシート(様式自由)
※応募様式等についてはダウンロードして頂き、ご提出ください。

応募用紙のダウンロード

 

 

一次審査通過者選考結果

ビジネスプランコンテストの一次審査は、9月8日までに審査委員による書類審査を終え、一次審査通過者を選考しました。

※順不同

 

審査委員

 

 

二次審査会(プレゼンテーション審査)を開催しました。

日時 平成29年9月28日(木)
10時〜17時
場所 ホテルマリターレ創世佐賀 4階「グランデピアツァ(アテナ)」
(佐賀市神野東2丁目5-15) TEL:0952-33-5511

 

 

「さがラボチャレンジカップ2017」の表彰式を開催しました!!

日時 平成29年10月23日(月)
11時〜13時00分
場所 ホテルマリターレ創世佐賀 4階「グランデピアツァ(アテナ)」
(佐賀市神野東2丁目5-15) TEL:0952-33-5511

さがラボ2017表彰式

 

最優秀賞、優秀賞に選ばれた2組をご紹介します!!

 

 

最優秀賞 オヤモコモ(代表 山下 千春)

テーマ

既存のオリジナル商品の販路拡大、商品の付加価値作り

「既存のオリジナル商品」とは、首が座らない赤ちゃんの抱っこをサポートするためのマット「RACCO」と持ち運び可能な簡易ベッド「ネドコBAG」のことです。

オヤモコモ ウェブサイト

プレゼン資料

プレゼン資料

 

オヤモコモ

 

 

優秀賞 有限会社忠兼総本社(代表取締役 百田 忠兼)

テーマ

ぼたん油化粧品シリーズの製造販売事業

有限会社忠兼総本社 ウェブサイト

プレゼン資料

プレゼン資料

 

有限会社忠兼総本社

 

 

審査委員長講評

日本政策金融公庫佐賀支店長
中谷 正一

 

 今年度は、総数22件の応募の中から、一次審査で9件を選出し、9月28日の最終審査で一次審査を通過した9件のプレゼンテーションを実施しました。 評価基準は、新規性・独創性・市場性・成長性・実現可能性・地域性、そしてプレゼンテーションにおける訴求力・表現力です。
審査会において、最優秀賞と優秀賞の2組の受賞者を決定しました。

 

 最優秀賞はオヤモコモの山下千春さんです。
オヤモコモさんは、赤ちゃんにとって快適な寝床、ベビーベッドを提供しようというアイディアでございます。
 お母さんにとっては、子育ての支援という意味、赤ちゃんにとっては、健全な発育を支援するという2つの意味があり、少子化対策にとっても、とても重要な優れた商品であると言えます。
 課題としては、販路の確保、そして単に売るだけではなくて、商品の優位性、優れた点をどのようにプロモーションしながら販売を拡大していくのかという事だと思います。
 あるいは、ベビーベッドだけではなく、商品のラインナップの拡大、こういったことも期待されるのかなと思います。
 それから、審査員からは、スタートがコミュニティからという事で珍しいとのご意見が出ました。コミュニティからスタートして事業化されるとうのは大変御苦労が多く、難しいといわれるなかで、オヤモコモさんは、将来的に株式会社化も視野に入れておられるようです。
 佐賀発のアイディアが全国そして全世界に広がることを期待しているところです。頑張っていただきたいと思います。

 

 次に優秀賞は、有限会社忠兼総本社様です。
 忠兼総本社様は猪肉のボタン油の優れた成分に着目し、化粧品として活かしていこうというユニークなアイディアです。
 お肉の脱色であるとか、あるいは脱臭であるとか、こういったものは忠兼総本社様の自社の固有の技術を存分に活かして製品化にこぎつけられています。
 既にサンプルも完成しており、私も実際に試させていただきましたが、大変保湿性というか、肌にすべすべの感じが商品としても期待が大きいということを実感させていただきました。
 猪による農作物の被害というものは地域にとって大きな困り事でもあり、これを地域の為に活かすということで、一石二鳥のアイディアと評価しました。
 課題としては、猪肉の油という性格上、化粧品として女性の方に幅広く受け入れていただくためには一工夫、二工夫が必要なのではないかという意見が出されました。市場のニーズをしっかりと把握しながら、化粧品以外の商品にも視野を広げて、商品化に結び付けていただくよう期待しているところです。

 

 今回のさがラボチャレンジカップ2017では、チャレンジ精神と独自のアイディアが詰まった提案が多く、審査会においても評価が大変難航いたしました。
 最終的に、今ご紹介いたしましたお二方が受賞の栄誉に輝かれたわけですが、惜しくも入賞を逃された皆様も、さらにアイディアに磨きをかけることで、新しい商品やサービスの開発に繋がる可能性を秘めているものと感じます。佐賀発アイディアの可能性が、大変大きいなというのを実感した審査会でした。
 今回ご応募いただきました皆様の努力に敬意を表するとともに、さらなるご発展を祈念いたしまして審査委員長の講評とさせていただきます。本日は、誠におめでとうございます。

 

 

 

佐賀県ベンチャー交流ネットワーク

佐賀県地域産業支援センター

佐賀県

佐賀県ベンチャー交流ネットワークFacebook

 

TOPへ

HOMEへ